当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

Rugby Readyについて

ラグビーの運営とプレーに関わる人はすべて、プレーヤーに対して配慮する義務があります。Rugby Readyは適切な予防手段を整備することで、優れた取り組みに対する認識を高め、コンタクトスポーツ特有の危険を関係者が管理できるようにすることを目的としています。

ラグビーユニオンという競技

研究の結果、180分間の激しい身体活動を、健康に良い食事と併せて毎週続けると、心血管疾患、脳卒中、高血圧、糖尿病、および、いくつかの種類の癌など、生死にかかわる病気の確率を下げられるということがわかりました。ラグビーは、どの形式のゲームも、さまざまなタイプの体型、スキル、性別、年齢のプレーヤーに、しっかりと管理され楽しめる環境で激しい運動をする機会を与えてくれます。

ラグビーコミュニティーは、あらゆる年齢のプレーヤーに対し、各プレーヤーの期待やスポーツで実現したいことをサポートするインフラとともに、長期プレーヤー育成計画(LTPD)を提供してくれます。これによってプレーヤー達は、純粋に楽しむことを目的としてプレーしたり、または、自ら選択して、草の根レベルからエリートレベルまでにおいて、個人のスキルや競技の技術的な理解を向上させたりすることができるのです。

しかしラグビーが与えてくれるものは、激しい運動を行う機会だけではありません。ラグビーは、社会的・道徳的な脈絡の中でプレーヤーを育ててくれるという価値のあるスポーツです。競技のコアバリューには、以下のものがあります:

  • 品位 (INTEGRITY) - 品位とはゲームの核をなすものであり、誠実さとフェアプレーによって生み出される。
  • 情熱( PASSION) - ラグビーに関わる人々は、ゲームに対する情熱的な熱意を持っている。ラグビーは、興奮を呼び、愛着心を沸かせ、世界中のラグビーファミリーとの一体感を生む。
  • 結束 (SOLIDARITY) - ラグビーは、生涯続く友情、絆、チームワーク、そして、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を超えた忠誠心につながる、一つにまとまった精神をもたらす。
  • 規律 (DISCIPLINE) - 規律は、ゲームに不可欠なものであり、フィールドの内と外の両方において、競技規則、競技に関する規定、そして、ラグビーのコアバリューの順守を通じて示される。
  • 尊重 (RESPECT) - チームメイト、相手、マッチオフィシャル、そして、ゲームに参加する人を尊重することは、最も重要である。

World Rugbyコアバリューのビデオを見る

Rugby Readyの目的

Rugby Readyはなぜ必要?

ラグビーユニオンは、7人、10人、または、15人ずつの2チームによってボールを争奪しながらプレーされる競技ですから、けがの危険を伴います。

研究の結果が、そのような危険の程度、性質、原因などを示しています。

そのような危険を許容範囲の中で理解して管理していくことは、ラグビーという競技に関わるすべての人の責任です。


その目的は?

Rugby Readyは、ラグビーにまつわる危険性に関する情報伝達や理解の促進と、優れた取り組みに対する認知向上を目的としています。


誰のため?

Rugby Readyは、ラグビーという競技に参加する可能性のあるすべての人を対象としたリソースとして作られており、そこには、試合日および練習中のプレーヤー、コーチ、マッチオフィシャル、プレーヤーの両親、教師、応急手当を行う者、プレーヤーやコーチをサポートするボランティアなどが含まれます。

Rugby Readyの使い方

Rugby Readyは、3つの方法で提供されています:

1. ハンドブック  
2. オンライン学習プログラム  
3. 講習会

ハンドブック、講習会、ウェブサイトはどれも、単独で利用することが可能ですが、3つの形を合わせて使用するのが最も効果的です。

ラグビーという競技に参加するすべての人が、worldrugby.org/rugbyreadyにあるオンライン学習プログラムを受けることが推奨されます。

ウェブサイト にアクセスすれば、Rugby Readyに記載されている内容を読んだり、動画を見たりすることもできます。また、オンライン上で合格証明書がもらえる自己診断テストも受けることができます。

競技の現場に関わる人 - プレーヤー、コーチ、マッチオフィシャル、応急手当を行う者など- には、実際のコースを受講することが強く推奨されます。実際のコースプログラムの大部分は、受講者がオンラインコースですでに得た理解をもとに進められ、そこでは、Rugby Readyで取り上げられた競技の要素の実践的な経験をするものです。実際のコースは、様々な様式や内容で開催することができます。

講習会については、各協会がそれぞれの方針や手続きを用意しています。自分の国の協会に問い合わせたい場合は、下記のリンクから連絡先を見つけてください: http://www.worldrugby.org/member-unions

World Rugbyと各国の協会は、競技の参加者に対し、定期的に最新の知識を身に付けるようにすることを奨励します。

Rugby Readyは、15人制、10人制、7人制を含む、あらゆる形のラグビーに適用可能です。

World Rugbyラグビービギナーズガイド

ラグビーが全く初めての人には、World Rugbyラグビービギナーズガイドを読むことをお勧めします。

印刷可能なAdobe PDFファイルをダウンロードし、オンラインクイズに挑戦するには:

passport.worldrugby.org/beginners

免責事項

Rugby Readyは、アイルランドにおいて事故、負傷予防、医療慣行に適用される法律に沿って開発されたものです。Rugby Readyに含まれる情報および/または指針を信頼すること、および/またはそれを使用することにより発生したいかなる損失、費用、損害についても、World Rugby(運営団体であるWorld Rugby Limited、および他の関連団体)は、人または団体に対しても一切責任を負わないものとします。