当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

ケガのマネジメント

ケガは、もはやコンタクトスポーツの一部です。しかし、ラグビーにおける重症、または、生死にかかわるケガはめったにありません。多くのケガが、非常に簡単な応急処置を施すことによって、緊急救助が来るまでの間に改善できます。ラグビーがプレーされている場所のほとんどにおいて、ピッチサイドには、資格を持った医療支援者がいません。従って、応急処置の責任は、チームの役員、コーチ、プレーヤー、保護者、または、レフリーなどの責任となってきます。

ケガに直面した場合の多くは、何をするか、よりも、何をしてはいけないか、すなわち、「それ以上傷つけないこと」が大事です。少し時間をかけるだけで、たくさんのことを改善することが可能であり、一般的に、もっと経験豊富な人が助けに来るまでの間、状況のコントロールやパニックを防ぐことができれば十分です。特定の状況においては、頭と首を保護するといったシンプルな対応、気道確保や負傷した手や足を支えておくといったことが、ケガのマネジメントの第一歩として十分です。

もちろん、状況によっては、例えば心拍停止の状態など、ただプレーヤーをサポートしながら待つという考え方が間違っている場合もあります。まれではあるものの、こういったことはたしかに起こり、試合中や練習中に訓練された応急処置サポートが必要な理由の一つとなっています。

World Rugbyは、どの試合や練習にも、適切なレベルの応急処置を用意することを推奨します。World Rugbyは、様々なレベルの研修を用意しており、詳しくは、以下を参照してください: playerwelfare.worldrugby.org/firstaidinrugby

負傷したプレーヤーの世話をする際の一般原則:

  1. 悪化させない
  2. コントロールする
  3. 不必要な動きをしない
  4. プレーヤーに話しかける
  5. 必要な場合、助けを求める
  6. より経験のある人の助けが来ることを確認する
  7. 救急車を呼ぶことを含め、さらに対処が必要な時を見定める


状況をコントロールする

負傷したプレーヤーの世話をするときは、プレーヤーが回復するまで、または、より経験のある人の助けが来るまでの間、パニックを防ぐことが重要である。


すべての関係者 - コーチ、レフリー、保護者、その他競技に関わる人 – が、少なくとも基礎的な応急処置の研修を受けるべきである。